ページビューの合計

2010年6月28日月曜日

スプロケ33丁

走行距離も20000Kmを超えてチェーンも先日交換しましたが、スプロケも交換しました。
ドライブスプロケはノーマルの14丁、ドリブンスプロケはひとつ下げて33丁にしています。
交換してから900Kmほど走行したのでファーストインプレッション。
1丁の違いは交換してからすぐに感じ取る事ができました。リミットはおよそ次の様な感じ、1速40km 2速やわKm 3速ぬわわKm 4速は完全にオーバードライブになりました。3速ゆわキロも静かなもんです。
各ギアとも交換前から引っ張って乗っていたので、確実に燃費が向上したのがよくわかりました。
交換前20000Kmの平均燃費は52.17Km/l
スプロケ交換後4回の給油の平均燃費は57.77Km/l
静かに運転すればもっと燃費は良くなりそうです。
33丁にしたことでスタートがかなり遅くなるかと思ってましたが、出遅れる分、各ギアでしっかり引っ張れば流れには乗れるので気になるほどでは有りませんでした。
デメリットよりも各ギアでのトップスピードが伸びた事と、シフトチェンジ時のギクシャク感が少なくなったメリットの方が大きいなぁと感じています。
特に2速、3速の使い勝手が良くなったので良かったですね。以前だと交差点の右左折は2速だと回転が高すぎてギクシャク感が強く、加速してもすぐに3速にupしなければ走りづらかったのですが、2速で交差点に進入してそのまま2速で加速がスムーズに出来るようになりました。
3速はよわキロまで問題なく加速してくれるようになったので、速い流れの中で加減速が頻繁にある幹線道路の巡航がとても楽になりました。
いつか出来たらドライブスプロケを15丁にした110と乗り比べてみたいですね。


2010年6月24日木曜日

M45装着 その2

前回の装着から 走行距離7000Km。
今回、交換しましたが、写真の様に繊維が出てきた所が計3箇所有りました。
スリップマークが出てきたのが2700Kmあたりで、センター付近の溝が完全に消えてしまったのが5000Kmあたりでした。
タイヤをロックさせなければもう少し距離が伸びたかもしれません。
ノーマルタイヤと比べると丸みが強くグリップの良いタイヤなので、最初の頃はステップを擦るまで車体を倒しても安心感の在るタイヤでした。
タイヤセンターが摩耗して平らになって来てからは少し挙動不審になりました。車体を寝かせる時、平らなセンターから丸みのあるサイドへ移動すると急に車体が倒れ込むので濡れた路面だとヒヤヒヤする事が有りました。
フロントにも2.50-17を装着していたこともあるかと思いますが、晴天時の路面では充分な性能を発揮してくれるタイヤだと思いますが、雨天時には少しの水溜まりでもタイヤが浮く様な感じがありました。
特別雨天時のグリップが良いわけでも無いように思いますので、雨天時にも乗る事が多い人はノーマルタイヤの様な縦溝の入った排水性の良い物をフロントに履くか、M45であれば2.25-17のほうが良いでしょうね、M45は排水性は余りよくないように感じました。

現在リアタイには今までフロントに履いていたM45タイヤを装着して、フロントにはノーマルタイヤを装着しています。8月頃には前後とも新品タイヤにする事になると思いますので、あのタイヤを装着してみて!なんてリクエストがあったら書き込みしてください。
予算を見ながら検討してみますので‥‥

2010年6月22日火曜日

20,000Km

昨年の8月24日に納車されてからもうすぐで10ヶ月になりますが、走行距離が20000Kmに達しました!
目指したいな10万キロ
取りあえず、伸びて回転にムラがでていたチェーンとスプロケ、繊維が出てきたリアタイヤの交換をしました。
ドライブスプロケは14丁、ドリブンスプロケは33丁に変更。
走行距離13000KmでM45に履き替えてから7000km。ノーマルタイヤのおよそ半分の走行距離での交換。柔らかくてグリップが良かったのでこんなものだと思うけど、4ヶ月しかもたないとは…
ちょっと交換サイクルが短すぎ。